迷惑メール対策「OP25B(Outbound Port 25 Blocking)」について

近年、インターネットプロバイダが提供しているメール送信サーバを使用せずに、ウイルスメールや迷惑メールなどが多数送信されるという大きな社会問題があります。
そこでイッツコムでは、お客さまおよびインターネット利用者の安全性の向上を図るため、「OP25B(Outbound Port 25 Blocking)」(以下、「OP25B」)を導入しています。

「OP25B」とは?

ウイルスの感染や不正アクセスにより、お客さまのパソコンやメールサーバから迷惑メールが送信されるのを抑制するための対策の一つです。
メールの送信には通常「25番ポート(Port 25)」という経路が使われますが、「OP25B」では、イッツコムのメールサーバ以外への25番ポートを利用したメール送信を禁止します。

※サブミッションポート(Port587)の提供状況はプロバイダ等により異なります。提供状況や設定方法は、ご利用のプロバイダやサーバの提供元などに確認してください

「OP25B」の効果とは?

コンピュータウイルスの中には、お客さまのパソコンが感染すると大量の迷惑メールを送信してしまうものがあります。
また、悪意あるユーザーに外部から不正にアクセスされて、お客さまのパソコンから大量の迷惑メールが送信されてしまうこともあります。
それにより、お客さまのパソコンに保存されている個人情報や機密情報などが漏えいしてしまう危険があります。
OP25Bを実施することにより、ウイルス感染や不正アクセスの被害にあっても、意図しない大量メール送信とそれに伴い発生する個人情報などの流出を防ぐことができます。

「OP25B」 影響判定フロー

下記のフローチャートでは、お客さまのご利用環境がOP25Bの影響を受けるかどうかを判別できます。

「OP25B」の影響を回避するには

「OP25B(Outbound Port25 Blocking)」の影響を回避するためには、以下の方法がございます。

25番ポート(Port25)以外からメールを送信する

ご利用になられているイッツコム以外の送信メールサーバが、25番ポート(Port25)以外からのメール送信(サブミッションポート、SMTP over SSL)に対応している場合、そのメールサーバからメール送信が可能です。

メールサーバが25番ポート(Port25)以外でのメール送信に対応しているかどうか、また、その設定方法などに関しましては、メールサーバの提供プロバイダやサーバ管理者などにお問い合わせください。

Webメールを利用する

WebメールはWebブラウザ上でやりとりされるため、「OP25B」の影響を受けません。
メールアドレスを取得したプロバイダでWebメールサービスを提供している場合には、そちらをご利用ください。

サブミッションポート(Port587)とは

サブミッションポート(Submission Port)とは、通常のメール送信に利用されている25番ポート(Port25)とは別に、メールソフトからのメール送信を受けるために用意された専用ポート587番ポート(Port587)のことです。

通常、メールの送信には25番ポートを使いますが、各プロバイダでは迷惑メール対策として、25番ポートを利用したメール送信に規制を行う動きが広がっています。そのため、サブミッションポート(Port587)とSMTP認証(SMTP AUTH)※を合わせて利用しないと、メールの送信ができない場合がございます。

このような状態でもメールの送信ができるように、イッツコムではサブミッションポート(Port587)を用いたメールソフトの設定をご案内しております。 各メールソフトの設定方法は、下記のページよりご確認ください。

>代表的なメールソフトの設定方法

※SMTP認証とは、セキュリティを確保したメールの送信方法です。メール送信時にイッツコムの送信メールサーバーにおいてメールアカウント・メールパスワードによる認証(SMTP認証)が行われ、認証が成功したユーザのみがメールを送信できます。これにより、メールサーバの不正中継や、メールアカウントの不正使用による発信元を偽った迷惑メールを防ぐことができます