メール流量制御

イッツコムでは迷惑メール対策として、お客さま宛に送られたすべてのメールに対してメール送信元の格付け情報をもとに受信するメールを制御する「メール流量制御」を実施いたしております。

  • メール流量制御とは?
  • メール流量制御による効果

メール流量制御とは?

「メール流量制御」とは、データベースに登録された格付け情報(※)をもとに、迷惑メールの送信元であると判定されたIPアドレスからのメールを拒否または遅延することによって受信を制限し、正常なメールを優先してメールサーバに受信するシステムです。
判定に使用する情報は、次の3つです。

  • 1.接続元(送信元)IPアドレス
  • 2.宛先
  • 3.ポート番号
  • ※ IronPort社が運営する世界最大規模の情報量を誇るSenderBaseによる送信元IPアドレスの格付け情報をもとに判定します。
図:「メール流量制御」の流れ

正常なメールであっても送信元の判定によってはお客さま宛のメールが拒否されて届かなかったり、遅延して届く場合があります。なお拒否されたメールは、送信元にエラーメールとして返送される仕組みになっており、イッツコムのメールサーバによって破棄されることはありません。

メール流量制御による効果

「メール流量制御」による迷惑メール対策によって、以下のような効果を得ることができます。

  • ・迷惑メールを大量に送信する送信元からのメール受信制限
  • ・迷惑メールの大量配信による、通常のメール配送サービスへの影響の抑制
  • ・お客さまのメール環境の安全性の向上
  • ・メールサービスの安定的な運用

ただし「メール流量制御」によって、すべての迷惑メールが届かなくなるわけではありません。
より効果的な迷惑メール対策のためには、無料のオプションサービスである「迷惑メール対策」「メールウイルスチェックサービス」などを設定していただくことをおすすめいたします。

■「迷惑メール対策」

迷惑メールを自動判定する「チェックサービス」や、特定メールの「受信拒否』「受信許可」の設定ができます。

※ご利用には設定が必要です。

■「メールウイルスチェックサービス」

メールに添付されたウイルスを自動で判定し、安全に削除(または駆除)する無料サービスです。

※ご利用には設定が必要です。