電力自由化

電力自由化とは?

2014年6月11日、電力小売の全面自由化を実施するために必要な「電力の安定供給を確保すること」、「電気料金を最大限抑制すること」、「電気利用の選択肢や企業の事業機会を拡大すること」の3つを目的として「改正電気事業法」が成立しました。

この法律により、これまで東京は東京電力、大阪は関西電力など、地域ごとに電気の購入先が決まっていたのが、 2016年4月より自由化となり、携帯電話の会社を選ぶように、サービスや価格を元に消費者が電力会社を選択できるようになります。

安心で安価な新電力の仕組み

東急パワーサプライ提携先発電所より電気を調達することで、現在よりも安く電気を供給できます。
送配電は従来の東京電力のネットワークを利用して、ご家庭にお届けしますので、電気の品質も従来と変わりなく、安心して電気をお使いいただけます。

万一、提携先発電所が停止した場合でも、卸取引市場や電力会社から調達して電気を供給し続けるため、お客さまのご家庭では変わらず電気をお使いいただけます。

受付時間 平日 9:30~20:00 土・日・祝日・年末年始 9:30~18:30