1年まえ組トップへ1年まえ組幼稚園

幼稚園初等部中等部インターナショナルコンテンツ
トップページへ幼稚園トップ
  • 公立校のページ
  • 比較のページ
  • 学校説明会体験メモ
  • 模擬入試試験

かおり幼稚園

すくすく、ぐんぐん大きくなあれ!

園長 丸山征

かおり幼稚園では、子どもの自主性を育て「生きる力」を培うことを大きな目標として日々の教育を進めております。

幼児の生活の中心となる『あそび』の中で、また、同年代の子どもの集団の中で経験する様々な事柄を通して、子ども自身が考え、行動できるように一人ひとりに合わせた支援を行っていきたいと考えております。

設立の心

かおり幼稚園の歌には、設立の心があらわれています。そこには「強い子ども、素直な子ども、正しい子ども」という園訓が表現されております。更に申し上げますと、このかおり幼稚園の園歌の源流はドイツの偉大な詩人ゲエテの「五月の歌」という有名な詩であります。ゲエテは詩人であるばかりでなく大思想家・大教育者でありました。

このような生き生きとした命あふれる楽しい愛と喜びの世界で、子どもたちが元気いっぱい歌いおどりながら綜合的直観力を自然に身につけ、一人ひとりが人間としての正しい道徳的判断力を持つよう指導いたします。

教育方針

「自分で考え、行動する子どもを育てる」

かおり幼稚園で大切にしていることに「自由」ということがあります。子どもが自分自身を発揮できるように、自由に伸び伸びと過ごせる環境を整え、自主性や意欲を育てるためにも子どもの欲する「したい」という思いを100%実現できるようにする配慮が必要であると考えています。

自由に好きなことが出来るということは、自分勝手に行動することとは違います。自由に伴う責任を認識し、人と協調することの大切さや社会のルールをきちんと身につけていかなければならないことです。
して良い事・いけない事・出来る事・出来ない事…その理由をきちんと説明して、子どもが理解し納得するまで根気よく指導にあたります。

自由に何でもできる充実感と我慢することの必要性、この二つを知り「自分で考え、自分で行動できる子ども」に育てるべく教育を実践していきたいと思っています。

かがやく子ども

男の子も女の子もみんな元気がいっぱい。
これがかおり幼稚園の子どもです。
心も体も元気がいっぱい。はつらつと育っています。
そして、個性もいっぱい。一人として、同じ子はいません。

子ども達の個性のぶつかり合い、仲間との友情、仲間意識の芽生え、こうした毎日の繰り返しの中で、子どもは、逞しく、より個性的に、そして、確固とした友情を育てていきます。かおり幼稚園の子は、実に個性の強い、自己主張の強い子ども、でも、集団での行動は、驚くほど見事に一つにまとまり、私達に感動を与えてくれます。

私達は、個性的で、何事にも囚われない、元気いっぱい、エネルギッシュなこのかおり幼稚園の子ども達が、21世紀の日本を変えてくれる事を信じて、毎日の保育に勤しんでいます。

自分自身に自信を持て、社会に貢献する喜び、誇り高い人材を育てます。

かおり幼稚園 HP
1年まえ組 幼稚園情報



ページトップ