1年まえ組トップへ1年まえ組のコンテンツ

幼稚園初等部中等部インターナショナルコンテンツ
トップページへコンテンツトップ
  • 桜井先生
  • 佐々木かをりコラム
  • えほんとおもちゃ
  • 銀八教授のレター&エッセイ
  • イベント・講習会

えほんとおもちゃ

第74回 HUG & READ もっとハグしてあげよう!もっと読んであげよう!

あの大震災以来、ちいさな子が「よく眠れないようだ」という声を
たくさん聞くようになりました。
以前よりもっと HUG (だっこ)してあげてください。
眠る前に、絵本を読んだり、おもちゃでちょっとあそぶ、とういうのもすてきですね。


どんな動物だって大好きな「ぎゅっ」。

ぎゅっ

ぎゅっ

ジェズ・オールバラ/作・絵
徳間書店/刊 2000年初版
1,470円(税込)

この絵本はクレヨンハウスのeショップ
で購入できます
>>ぎゅっ

動物の親子が抱き合ってるすがたを見て、最初は元気に「ぎゅっ」と声をかけていたのに、なんだかしょんぼり顔のおさるのジョジョ。自分をだきしめてくれるひとがいないことに気がつき、とうとう泣きはじめると……むこうからやって来たのは、そう、ママ!さあみんなで一緒に「ぎゅっ」!
なんだか力がわいてくる。なんだかうれしくなってくる。迫力ある大きな画面がさらに気分を盛りあげてくれますよ。


世界で一番の場所

ねえだっこして

ねえだっこして

竹下文子/文
田中清代/絵
金の星社/刊
1,365 円(税込)

この絵本はクレヨンハウスのeショップ
で購入できます
>>ねえだっこして

うちにあかちゃんが来てから、おかあさんにあまりかまってもらえないねこ。あかちゃんとおかあさんをそっと見守りながら、わたしはおおきいからひとりで遊べるもん、とちょっぴりがまん。だけど、だけどさ……。「あとでいいから、すこしでいいから、だっこして」やっぱりだっこのぬくもりは最高です。


みんなをにっこりさせる魔法とは?

ちいさいタネ

ハグしてぎゅっ!

ナンシー・カールソン/作
なかがわちひろ/訳
瑞雲舎/刊 2007年2月
1,365円(税込)

この絵本はクレヨンハウスのeショップ
で購入できます
>>ちいさいタネ

「だいじょうぶだよ」「ありがとう」「ごめんね」「だいすきだよ」……うれしいときも悲しいときも、こわいときも、おとなも子どもも、にっこり元気にさせちゃうすごいもの、それが「ハグしてぎゅっ!」。画面にあふれんばかりのこぶたくんたちの笑顔に、こちらも元気がわき出てきます。きょうから「おはよう」も「いってきます」も「よくがんばったね」のときも、みんなで「ハグしてぎゅっ!」。


ねんころりん

ねんころりん

蠅曚襪彌佝
1,365円(税込)

この絵本はクレヨンハウスのeショップ
で購入できます
>>ねんころりん

子ネコを連れたかあさんネコや、海でボートをこぐあかちゃん、空の上の1羽のガチョウも、「みんなねむいよ ねんころりん」。1日歩いて、飛んで、跳ねて、みんな眠る場所を探しています。バーニンガムのやわらかくてどこかあたたかな絵と、谷川俊太郎さん訳のリズムのよいことばが、心地よい眠りに誘います。さあ、みんな眠る場所を見つけたようですよ……!


「ぼく」がちいさかったころ、おじいちゃんは…

だいじょうぶだいじょうぶ

だいじょうぶだいじょうぶ

いとうひろし/作・絵
講談社/刊
1,050円(税込)

この絵本はクレヨンハウスのeショップ
で購入できます
>>だいじょうぶだいじょうぶ

主人公の男の子はいろんな場面に出会うたびに、おじいちゃんから「だいじょうぶだいじょうぶ」とくり返しささやかれてきました。するとなるほど、そう悪い方向には転びませんでした。ひとが課題や困難に遭遇するとき、場合によってはひとことでは片づけられないかもしれません。でも、そのことばは大きな力を秘めていて、わたしたちを一歩一歩前に歩ませてくれることでしょう。そう、きっと「だいじょうぶ だいじょうぶ」。


『クレヨンハウス通信』Vol.365より

クレヨンハウスのお店情報誌『クレヨンハウス通信』は、クレヨンハウスの各売り場スタッフが、今、一番お知らせしたいお店の情報を、ぎゅっと詰め込んでお届けしている、小さな冊子です。
その中から、絵本の特集は、毎月テーマを決めて、選書。おもちゃの特集は、「おもちゃの1・2・3」とネーミィングして、ざっくりと、小さい・中くらい・大きい・・・子どもたちを対象に、紹介しています。が、ともに年齢制限はナシ。子どもからおとなまでたのしめる・・・絵本&おもちゃを、店頭にご来店いただいているように、たのしくごらんいただけるように、スタッフ一人一人が紹介しています。

クレヨンハウスクレヨンハウス

「子どもの視点・女性の視点・オーガニックな視点で文化を拓く」をコンセプトに、1976年、作家・落合恵子がスタートさせたクレヨンハウス。
地下1階には、オーガニックな食材がそろう「野菜市場」と、野菜市場の食材を使った安心・安全なオーガニック・レストラン「広場」。1階は、絵本・児童書専門店の「クレヨンハウス」。2階は木のおもちゃの専門店「クーヨンマーケット」。3階は女性の本と、自然化粧品「ミズ・クレヨンハウス」があります。1991年には、大阪・江坂に1階「野菜市場」2階「絵本とおもちゃ」の専門店、クレヨンハウス大阪店がスタートしました。
全国に毎月お届けするクレヨンハウスのブッククラブ「絵本の本棚」や、有機野菜の個人宅配、インターネット上でe‐shopも運営しています。

クレヨンハウス東京店
所在地:東京都港区北青山3-8-15
営業時間:11:00〜19:00
休業日:年中無休
クレヨンハウスwebサイト


ページトップ