こんにちは!キャスターの小林佳果です。

今日のトピックスでは、10月23日から26日までの4日間、
大田区役所本庁舎1階の北ロビーで開催された、
「大田区食育フェア」の模様をお伝えしました。

9回目を迎えたこのフェアでは、
保育園や小中学校での食に関する取り組みなどが紹介されました。
大田区では、定期的に「早寝・早起き・朝ごはん月間」を設け、
食に関する意識の改善を促しているそうです。

また、大田区では、
「野菜たっぷりメニュー」がある飲食店を紹介した冊子を作っています。
一食あたり、野菜(いも類、きのこ類、海藻類等を含む)が100から200グラム含まれること。
主食・主菜・副菜が入っていること。また減塩に配慮していること。
この3つに当てはまるメニューのことです。
現在、区内には25の協力店があるそうです。

この「おおた健康メニュー協力店」の冊子は、
大田区役所本庁舎6階の健康づくり課をはじめ、
各地域の庁舎で配布されていますよ。

写真を見ていると、どのお店も美味しそうなメニューばかり。
ぜひこの冊子を手に、お店をまわってみてくださいね!

1108小林佳果