こんにちは!滝本沙奈です。

突然ですが、今日8月8日は『世界 猫の日』です。
そんな日にこそ、改めてしっかり考えたいことを
今日はお伝えしました。

川崎市高津区にある動物愛護センターでは、
毎年、夏休みにサマースクールが開催されています。
今年は、小学生の子供たちを対象に、
職員の仕事を学ぶ体験教室が開かれました。

愛護 (1)

職員の方の説明に、熱心に耳を傾ける子供たち。
迷子の動物を保護する際のシミュレーションでは、
やさしく声をかけたり、おやつをあげたりしながら、
犬が安心したところでリードをつける・・・
という大切な手順を、ぬいぐるみを使って学びます。

愛護 (2)

愛護 (3)

また、保護した後は、飼い主が見つけやすいよう
ホームページに詳しい情報を載せる為、
犬の種類や毛色などをよく確認する作業も行います。

そして、このセンターで最も多く保護されている
”猫”の食事作りも体験しました。
現在なんと100匹もの猫が飼育されているそうです。
性別や年齢によって、与える食事も異なるため、
慎重にそれぞれのご飯を用意していきます。
飼育する上で、体調に合った食事を与えることは、
とても大切なことなのです。

愛護 (4)

愛護 (5)

「将来、動物に関わるお仕事をしたい!」と志して
この教室に参加しているお子さんもいて、
いのちを預かる、責任を持って育てることの大切さを
より強く実感する夏休みの体験となったようでした。

動物のいのちを救う・守る大切な活動ですが、
本来ならば、一時的な迷子はともかくとして、
保護されるような動物たちが現れないよう
最期までしっかりと一緒に生きていくということを、
大人の私たちも、改めて肝に銘じたいと思います。

DSC_1858