こんにちは!滝本沙奈です。

今日は、
川崎市中原区の市民ミュージアムで開かれている
「からくりトリックの世界」をご紹介しました。

二つの展示室で行われていて、それぞれ
「からくり」と「トリック」の魅力を
存分に堪能することが出来ます!

巧みな技と遊び心が融合した「からくり作品」は
日本古来の工芸品でもあります。
現代の技術も織り交ぜながら制作された
高橋みのるさんの50点の作品は、どれも圧巻!
その仕掛けに、思わずずーっと見入ってしまいます。

Still0724_00001

目の錯覚を利用して楽しむトリック3Dアートでは、
服部正志さんの作品33点が楽しめます。
どれも、あまりに立体的に見えるので、
平面画であることを忘れてしまうぐらい…!

等身大のグラフィックアートの中に入ると、
まるで自分がその世界の一部になったよう!
子供から大人まで、皆さん夢中になって
沢山の写真を撮っていました。

Still0724_00000

見て触れて、更には作品の中に入り込んで楽しめる
企画展「からくりトリックの世界」は、
来月20日まで開かれています。
「からくり」と「トリック」の圧巻の技術と世界観、
思いっきり満喫してみてはいかがでしょうか。

夏休みの自由研究のヒントに?なるかもしれませんね。

…感化されて、コムゾーとからくり写真に挑戦…!

DSC_1809

DSC_1810