こんにちは!キャスターの小林佳果です。

きょうの放送では、
5月17日に大田区にある洗足池公園で行われる邦楽演奏会
「洗足池 春宵の響」についてご紹介しました。

平成7年、洗足池に池月橋が架けられたのを記念し、始まった「春宵の響」。
毎年、国内最高峰の邦楽演奏家が出演しています。
洗足池の美しい景色を舞台に、至高の音を響かせます。

「春宵の響」の司会を務めるのは、
大田区・蒲田駅近くにある、日本工学院専門学校の学生です。

3年前から学校と地域とが連携し、
日本工学院の学生が、「春宵の響」の司会を務めるようになったとか。
オーディションで選ばれた1人が、当日の司会を担当するのだそう。

きょうのおかえり!では、
4月下旬に校内で行われたオーディションの様子をお伝えしました。

挑戦したのは、声優・演劇科の2年生6人。
タレントやアニメの声優などを目指す学生たちです。

話し方やイントネーションはもちろん、
目線や立ち振る舞いなど様々なポイントが審査されました。

今年はどんな春宵の響が行われるのが、
楽しみですね。

「洗足池 春宵の響」
日時:平成29年5月17日(水) 午後6時30分~8時
会場:洗足池西岸「池月橋」(大田区南千束二丁目)
アクセス:東急池上線「洗足池」駅から徒歩約8分
雨天時:大田区立大森第六中学校体育館

地モトTVおかえり!TOKYOでは、「春宵の響」について引き続きご紹介していきます。
今日は司会のオーディションの様子をご覧いただきましたが、
明日11日は、「春宵の響」の歴史について。
そして15日は、「春宵の響」の出演者についてお送りします。

また「洗足池 春宵の響」当日は、イッツコムチャンネル地デジ10チャンネルでも、
この様子を生中継いたします。詳しくはこちら
皆さん、ぜひご覧くださいね!

0510小林佳果