こんにちは!滝本沙奈です。

今回の沿線まちあるきは、桜新町駅をお送りしました。

桜新町01

東急田園都市線の地下の駅で、構内のところどころに"桜"色が施されています。
桜新町といえば、やはり"サザエさんのまち"として思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
作者の長谷川町子さんが桜新町に住んでいたことから、美術館もあるんです。

地上にあがれば、すぐにサザエさんファミリーの銅像が出迎えてくれます!

桜新町12 桜新町13

そのまま「サザエさん通り」へ向かって、
人気のカフェ「リアン・ドゥ・サザエさん」へ。

桜新町03 桜新町02

こちらでは、サザエさんをモチーフにした様々なスイーツ・ドリンクが楽しめます。

桜新町16

店内にはサザエさん年表や、歴代のオープニング映像が流れ、ついつい見入ってしまいます。
コースターやナプキン、コーヒーカップを包むスリーブにもサザエさん達が…!

桜新町のまちあるきには、こちらのカフェで一休みがオススメですよ。

桜新町09


そのまま通りを進むと、桜新町商店街振興組合の事務所に辿り着きました。
訪れた日は、今月8日に開催された桜新町ねぶた祭りの準備の真っ最中!
振興組合の皆さんの地モト愛、そして訪れる人たちのことも歓迎しようという粋なはからい、
どちらも強く伝わってきました。

桜新町04

地モトを盛り上げるだけではなく、今年は商店街オリジナルの手ぬぐいを販売し、
売上の一部を7月の豪雨災害の義援金に充てるとのこと。
こちら、番組をご覧の皆さんへプレゼントとしても頂きましたので、
是非ご応募下さいね!
来年のねぶたまつりも、期待しましょう!!


事務所の向かい側を少し進んだところには、
赤を基調とした店構えが印象的な「カーサ・アンジェリーナ」があります。

桜新町08

こちらではイタリア食材を取り扱っていて、
お店で頂ける自家製ジェラートも絶品なのですが…
なんといっても試して頂きたいのが、オリーブオイル!!!
まるでワインのように、試飲しながら、自分の好みのもの、
あるいは理想の料理に合うものを選ぶことが出来ます。
驚いたのは、ポリフェノールがしっかり含まれたオリーブオイルは、
少しピリピリとした辛味ようなものが感じられること。
お料理だけでなく、フルーツにオリーブオイルをかけて
少し塩を振るという食べ方もオススメなんだそう。

桜新町15

一層美味しさとジューシーさが引き立つんです!!
是非ご自宅でお試し下さいね。

桜新町05


そのまま通りを進むと、交番前にサザエさん像が立っていて三叉路になっています。
右手に進んでいくと佇んでいるのが「長谷川町子美術館」。
サザエさんの原作者であり、この街に住んでいたことから、
ここに美術館があるんです。

桜新町06

原画などは勿論のこと、姉妹で集めていたコレクションなども展示されています。
常設展、そして季節ごとの企画展と、合わせて是非お楽しみ下さい!
そして、美術館に併設された売店は、こちらだけでも入店出来るんです。
自分で楽しむ文房具や、ちょっとしたプレゼントやお土産に…
オリジナルグッズを購入することが出来るので、是非足を運んでみて下さいね!

桜新町07


美術館のちょうど裏手にあるのが、「豚肉料理専門店 ぶたとろ」です。

桜新町10

千葉・木更津から、林SPFという特定の病原体がいない豚を、
まるまる一頭仕入れているので、様々な料理・部位を楽しむことが出来ます。
なかでも、お店のイチオシメニューが、トンテキ!

桜新町14

一言でいってしまえば、まさに、豚のステーキなわけですが…
もうそのお肉の柔らかさとジューシーさに、驚きを隠せませんでした!!
低温でじっくり30分程かけて焼くのだそうですが、
その手間の賜物が、この味わいとなるわけですね…!
そして、このシンプルなトンテキを活かすバター風味のオリジナルソースが
また一層食欲をそそります!
お店ではワインの品揃えも豊富で、お料理に合ったワインを提案してくれます。
ワインとも、白いご飯とも相性抜群のこのトンテキ、是非一度ご賞味下さい!!

桜新町11
地モトの方々の絆は言うまでもなく、
加えて、まるでサザエさんファミリーのように、
明るく陽気に訪れる人を迎え入れてくれる空気があるのが、桜新町だと感じました。

次回は、新丸子をまちあるき。
どうぞお楽しみに!