こんにちは!滝本沙奈です。

今回の沿線まちあるきは、都立大学をお送りしました。
学生さんの一人暮らしからファミリー層まで多くの方が住んでいて、環境の良さが魅力の街、都立大学。

まさにその魅力の象徴とも言えるのが、めぐろ区民キャンパスです
ホールや図書館、体育館を備えた"住民のためのキャンパス"というコンセプト。
それに相応しく、日中から沢山の方が利用されていました。
中でも圧巻だったのが、パーシモンホール!
まず緑豊かな開放感溢れるロビーで気分が高まります。
ホールの中に入り、さらにはステージの上にまで立たせて頂いたのですが、音響の素晴らしさに感動しました!
壁面には、楽器にも使われるメープルが使用され、約2秒も音の余韻が残ります。
様々なコンサートは勿論、音楽ワークショップなども開催されていますので、是非、実際に足を運んでこの響きを体感して下さい!
都立大2

その後伺ったのは、住宅街に佇む 手作りちーずけーき やまぐち。
ご自宅を改装された店内は、まるでお宅にお邪魔するようなアットホームさ。
都立大7
けれど、チーズケーキの美味しさは格別です!
元々、中目黒で飲食店をされていたご主人自身がチーズケーキが好きだったそうで、シンプルだけど飽きのこない美味しさは、好きなものを極めたからこそ辿り着いた味なのだと感じました。
王道から、ライチ味などの珍しい味まで、ご主人自慢のチーズケーキ、是非食べ比べてみて下さいね!

その後は、呑川緑道へ。
都立大3都立大4
伺った日は、あいにくの雨のお天気でしたが、紫陽花が咲き誇り、とても綺麗な緑道でした。
地元の方の憩いの場、そして交流の場ともなっている裏側には、商店街の方々の尽力があります。
春には、皆さんで植えた桜の木のライトアップや、和紙キャンドルを並べた幻想的なイベントも行われ、こういった様々なイベントを常々企画しているそうです。
昔から住んでいる方も、新しく移り住む方も、そしてこれから住みたいと思っている方も、都立大学に魅力を感じられる秘密は、こんなところにあるのかもしれません!

「都立大学は、少し歩けば素敵で美味しいお店がある」とお話されていましたが、まさにその中の一軒と言えるのが、Ristorante TSUZUKI。
都立大1
ランチで人気の八雲コースは、ボリュームたっぷりでありながら、一皿一皿はとても繊細で奥行きのある味わいのもの。
一口食べると、まるで口の中に物語が広がるかのようです!
このトマトはしっかり太陽を浴びて育って、旨みがつまったんだろうな…
シェフの下ごしらえや火入れが、この食感や肉汁を産み出すんだろうな…
と思わずにはいられない程、素材そのものの良さが存分に活かされ、且つ味の妙が計算されたお料理ばかり。
喧騒を忘れて、余韻に長く浸れるお料理を食べたい時には、是非お出かけ下さい!
都立大4

駅の方へ戻り最後に訪れたのは、Maker's Base Tokyo。
衣服から革小物、陶器に至るまで、お洒落な雑貨が並んでいるなと思ったら…
なんと、これ全部こちらで作れるものなんだそう!
初心者でも大丈夫だということで、私も体験させて頂きました。
自分で考えた色、柄、デザインを自在に本革にプリントすることができ、それをがま口ポーチにします。
絵の具を選ぶ作業から、デザインを描くところまで、とにかく夢中になれる楽しい時間。
講師の方がついて下さるのも安心です。
作る工程にも感動しながら、出来上がった唯一無二の自分だけのポーチを見て、また感動!
その他にも、木工製品や金属加工など、各フロアで様々な製作が出来ます。
一度訪れると、何度でも通ってオリジナルアイテムを作りたくなりますよ!
都立大6
都立大学をじっくり歩いてみると、この土地の良さを伝えていこう、芸術やものづくりを発信していこうという、文化的な活動が盛んな街でもあると感じました。

次回は、長原駅をまちあるき。
どうぞお楽しみに!