こんにちは!滝本沙奈です。
今回の沿線まちあるきは、二子玉川をぶらり歩いてきましたよ。

①

二子玉川というと、昔は遊園や河川敷で、のんびり穏やかに過ごせる場所…という印象でしたが、
今や二子玉川ライズの開業や高層ビルの建設で、洗練された街並みに。
とはいえ、少し歩けば変わらない風景や所縁を感じられる場所が様々あるのも魅力です。

花みず木通りは、昔は砧線の線路だったとあって、
かつての駅の写真があったり石碑があったりと、二子玉川の歴史を感じさせます。

②

長らく住んでいる方には懐かしい、
そして新しく移り住んだ方には変遷を知ることが出来る場所かもしれません。
取材の日は蕾だった花みず木もすっかり咲き始めて、
今月29日に開かれる第36回 二子玉川 花みず木フェスティバルもますます楽しみになりますね!

そして、この花みず木通りにある可愛らしいお店、クラフ二子玉川
主にヨーロッパから輸入された生地やパーツが売られている手芸屋さんです。
なかなか見かけない色合いや柄のものが数多く取り揃えられていて、
特に女の子には嬉しいお店ではないでしょうか?

③

この日は、春休みの姉弟さんがワークショップでキーホルダーを作っていました。
私も仲間入りさせて頂いたんですが、無心に何かを作るという感覚は久しぶり!
大人になるとどうしても色々なことに頭をフル回転させてしまうものですよね…
好きな色や柄を選んで、感覚で作り上げていく過程は本当に無我夢中になれますよ。
大人向けのバッグや洋服作りのワークショップもあるので、自分だけのオリジナルのものを作りに、
親子でそれぞれ楽しむのもオススメです。

47

また、新しく整備された世田谷区立二子玉川公園は、お散歩には欠かせないルートになりそうです!
犬を連れて歩けることや、スロープになっていて車椅子の方でも園内の花壇を楽しめることなど、
まさに今の時代に添った公園と言える特徴があります。
何より、眺望広場からの景色は開放感に溢れ、絶景そのもの!
晴れた日には富士山を拝めますし、
冬になれば富士山頂に夕日が沈みゆく"ダイヤモンド富士"を見られるんだそう!

5

この時期の散歩もオススメですが、冬、改めて足を運びたいと思います。
この二子玉川公園から駅に向かって歩く道の途中にあるのがCHICHICAFE
テラスは、犬を連れて入れるというのが、
この近隣で犬を飼われている方には心強いお店なのではないでしょうか?
また、スポーツサイクルを留めておけるスペースもあり、一息ついてゆっくりされている方もいらっしゃいました。
こちらの一番人気メニューは和風ドライカレー。最後にほんのり味噌の風味がして、
白米との相性はバツグン!!食べたら止まらなくなりますよ。

そして、特に夜にオススメしたいのが、柳小路にあるドラフトキング
ドラフトビールのタップが10種類以上、世界の瓶ビールもおよそ20種と、いくらでも飲み比べが出来る、
ビール好きにはたまらないお店です!

こちらで出されるビールにピッタリのお料理は、「テクスメクス」と呼ばれるもの。
何でも、テキサス州で発展したメキシコ料理のことだそうで、私達が普段食べているメキシカンのメニューは、
ほとんどがこのテクスメクスのようです。チリビーンズやファヒータ、エンチラーダなど、大好物ばかり!
目移りしてしまいますが、必ず食べて欲しいのは、自家製コンビーフです!!
5~6時間かけて煮込んだホロホロのお肉に、強すぎない塩加減の味付けが絶妙でした。
コンビーフってこんなに美味しいものだったの?!と思わせてくれます。

6

このドラフトキングで飲めるのが、二子玉川の地ビールと言える、フタコエール!
皆さんご存知でしたか??世田谷産のホップを使って作られたこのビールは、
爽やかな香りと飲み口が特徴で、女性でも気軽に飲みやすいと思います!

フタコエールを作っていらっしゃる株式会社ふたこ麦麦公社の市原尚子さんにスタジオでお話を聞いたところ
勿論それぞれに飲み方の好みはあると思いますが、キンキンに冷やして飲むのがオススメだそうです。

そして、フタコにちなんで2月5日、麦麦にちなんで6時6分、
フタコエールで乾杯するのを広めていきたいとのことでした。
地モトのビールを作りたい!という想いが実現したのと同様に、
地モトでの乾杯!が、どんどん認知されて広まっていきますように…!!

次回は、溝の口をまちあるき。

どうぞお楽しみに!