こんにちは!滝本沙奈です。

今日のトピックスでは、
先月21日に横浜市都筑区オープンした
B.LEAGUE 横浜ビー・コルセアーズの情報発信拠点
ビーコルセンター』の様子をお伝えしました。

横浜国際プールをホームアリーナとする
プロバスケットボールチーム横浜ビー・コルセアーズの
情報発信拠点と運営事務局としてオープン。

市営地下鉄の高架下を有効活用し、
地モト都筑区の住民や横浜ビー・コルセアーズ、
地元のレストランが協力して運営を行っていきます。

オープン当日の夜には記念式典が行われ、
関係者や地モトの方たちに施設が紹介されました。
オフィシャルショップやレストラン、そして
壁一面が鏡張りのレンタルスタジオもあります。
ダンスレッスンなどには勿論のこと、
会議やセミナー会場としても利用出来るそうです。

0307コル01

横浜ビー・コルセアーズのオフィシャルショップは
バスケットチームのロッカールームを
イメージした内装となっていて、
ファンの心をくすぐります!!
キャップやTシャツといったアパレルグッズ、
ここでしか買えない限定アイテムもありますよ。

0307コル02

式典が行われたレストラン「バーズ グリル&バー」の店内は、
70年代のアメリカの雰囲気が溢れています。
ここは、ダイナミックなアメリカンスタイルの料理や飲み物を
賑やかに楽しむことが出来るレストランです。

0307コル03

オープンしたばかりのビーコルセンター、
地域活性の拠点となることも目指していくそうで、
バスケファンの方にも、地モトの方にも、
親しまれ愛される施設になりそうですね!