日本のうつくしいものを見る度に、はっとする感動すること、ありませんか。

3月の『けーぶるにっぽん 技・J A P A N 』

 

第11回  父子で歩む 仏像彫刻の道  10ch 3/13(日)~3/21(月)  11ch 3/14(月)~3/27(日)

彫刻刀による表現や、きらびやかな装飾。仏像彫刻の技術は「仏師」の魂と共に脈々と受け継がれてきた。

愛知県長久手市に工房を構える仏師の親子-。
父・江場琳黌(えばりんこう)とその息子 琳觀(りんかん)は、ひとつ屋根の下、研鑽を重ねる。
心を沈め、一刀一刀に魂を込める仏師の技と心を描く。

#11 父2 #11 息子2

 

 

第12回  SHIKEKINU 二頭の蚕が紡ぐ糸 10ch 3/27(日)~4/11(月)  11ch 3/28(月)~4/10(月)

生糸の原料となる繭玉の中には稀に2頭の蚕が一つの繭を作ることがある。

その繭だけを使って作る「絓絹」は世界に2つとない模様を生み出す。
戦国時代末期から機織りが盛んに行われ、今も織物工場が昔ながらの佇まいを見せる南砺市城端町。
ここで唯一「絓絹」を生産する松井機業。430年の伝統を伝える。

#12 となみ1 #12 となみ4

 

 

職人が美技を駆使して生み出す逸品は、その繊細さと美しさで、人々の心を魅了します。
『けーぶるにっぽん 技・J A P A N 』では、
にっぽんの各地に存在する職人とその技の数々を紹介します。
より精細で鮮やかな4K映像で、にっぽんのモノづくりの極意に迫ります。


放送日時


【地デジ10ch】 毎週(月) 21:00~、 (日) 14:00~
【地デジ11ch】 毎週(月) 8:30~、(火)15:00~