Still0125_00001

※ローテーションで放送します。

【 1 】 東京~横浜~三浦半島  放送:1/11(月)-1/17(日)
今回は東京を出発し、横浜から三浦半島、江ノ島まで空から見ていきます。
関東平野の成り立ちは?また東京より、約1500万年も古いという三浦半島の
成り立ちは?美しい景色を見ながらその謎に迫ります。

 

【 2 】 伊豆大島 1/18(月)-1/24(日)
今回は伊豆大島。島の中央にそびえる成層火山三原山の噴火によりできた
この島では、火山の作った様々な地形が見られます。三原山の噴火口や
様々な地形を空から観察します。

 

【 3 】 新島、式根島、神津島 1/25(月)-1/31(日)
今回は新島、式根島、神津島を上から眺めます。同じ伊豆七島の島々でありながら、
この三島は伊豆大島や三宅島と成り立ちが異なります。空から見れば一目瞭然。
島を形造る岩石の色が違うのです。

 

【 4 】 三宅島、御蔵島   2/1(月)-2/7(日)
今回は三宅島、御蔵島を空から眺めます。2000年の噴火が記憶に新しい三宅島。
雄山の火口からは今なお白い噴煙が上がり、また島のあちこちにある溶岩流の跡からは、
火山の力の大きさを実感できます。

【 5 】 富士山   2/8(月)-2/14(日)
今回は日本一高い山、富士山です。富士山は、およそ50万年前から始まった
火山活動でできた成層火山です。その富士山の山頂カルデラや宝永山の様子、
普段はなかなか見られない大沢崩れなど、空から見ていきます。

 

【 6 】 南・中央アルプス 2/15(月)-2/21(日)
今回は甲府盆地から南アルプス、伊奈谷を超えて中央アルプスまで足をのばします。
南アルプス、中央アルプスは、伊豆2/8-2/14半島などが本州にぶつかったときにできた褶曲山脈。
そのため切り立った峰が続きます。

 

【 8 】 北アルプス・前編 2/22(月)-2/28(日)
今回は北アルプス前篇として、松本から梓川を上り、乗鞍岳・焼岳をめぐります。
乗鞍岳は火山のため他の北アルプスの山々とは違った表情を見せています。
最後に焼岳の噴火で出来上がった大正池、上高地まで紹介します。

 

【 9 】 北アルプス・後篇 2/29(月)-3/6(日)
今回は北アルプス後篇として、上高地から穂高・槍ヶ岳をめぐります。
穂高岳から槍ヶ岳は多くの登山客が訪れる人気の山々です。この山々は褶曲で
出来上がった山脈で風や水に削られ、切り立った峰を見せています。

 

【 10 】 諏訪湖、天竜川 3/7(月)-3/13(日)
今回は日本を東西分ける大断層、糸魚川ー静岡構造線と、南北に分ける
中央構造線を紹介します。実はこの2本は、諏訪湖で交わっています。
また諏訪湖から流れ出る天竜川を下り、河岸段丘の様子も空から眺めます。

 

【 11 】 大阪、神戸、淡路島 3/14(月)-3/20(日)
今回は大阪を出発して、神戸、淡路島へと足をのばします。琵琶湖を源流とする
淀川などが土砂を運んでできた大阪は、空から見るとまさに水の都。
また神戸淡路島では、関西地震を引き起こした野島断層を探します。

 

【 12 】 鳴門海峡から室戸岬へ 3/21(月)-3/27(日)
今回は淡路島から室戸岬へ向かいます。淡路島の渦潮は空から見ると
そのでき方がよくわかります。変化に富んだ室戸阿南海岸国定公園を通り、
台風で有名な室戸岬へ。このあたりは海岸段丘がたくさん見られます。



【 13 】 四国山地、吉野川   3/28(月)-4/3(日)

今回はまず高知桂浜から四国山地へ。四国山地の景勝地大歩危・小歩危から
吉野川を下ります。吉野川は中央構造線に出会ってその流れを90度変え、
川の周りに様々な地形を作りながら徳島へと流れていきます。